女性薄毛

過剰なダイエットが女性の薄毛の原因

女性でも薄毛になるリスクはかなり高いです。

 

特に最近では薄毛に悩む女性の数が相当数多くなっているともいわれています。

 

ちなみに数でいうと薄毛で悩んでいる女性は日本全体で600万人程度。

 

でもこの数字は日本人女性の総人口に対して10人に1人が薄毛に悩んでいるということが言えます。

 

またこれは調査によって明らかになったものなので調査漏れした方も含めると1000万人くらいはいるのでは?という懸念もあります。

 

日本人特有のダイエットが薄毛に発展!?

 

さてその中でも薄毛の原因の一つとして上げられるのがダイエットです。

 

若い人を中心にダイエットをする女性は多いと思いますが日本人のダイエットに共通して言えるのが断食ダイエット。

 

食事制限を極端に行ったりすることで薄毛の発症の可能性が高まります。

 

極端なダイエットは会の毛の栄養不足になってしまいます。

 

なぜならばダイエットによって栄養不足となった体は髪よりも先に命にかかわる臓器などに真っ先に栄養素を分配します。

 

そのため髪の毛には栄養素が回らなくなり薄毛を発症します。

 

髪の毛は正直なくても人は生きていけます。

 

ですから髪や頭皮への栄養分配は一番あと、また頭部は体の末端にあり血液も届きにくくよけいに薄毛に拍車がかかってしまいます。

 

もちろん肥満体系が良いわけではありませんが、過剰なダイエットも考え物です。

 

極端なダイエットをしなければよいのですが、食べ物を制限するのならばせめて髪の毛に良い栄養素を積極的にとるようにしましょう。

 

髪の毛に良いものは体にも良い栄養素なので健康的にも問題ありません。

 

それでも髪へ分配される栄養は不足してしまう恐れがあるのでダイエットをするならば積極的に育毛剤などを使用して頭皮ケアも十分に行ったほうが良いでしょう。

 

ちなみに髪の毛に良いとされる代表的な食べ物は次の通りです。

 

髪の毛に良い栄養素

 

ビタミン

 

ビタミンは血行を良くしたり血管を強くする成分が含まれます。緑黄色野菜や果物から積極的にとることをお勧めします。

 

ミネラル

 

主に海藻類、魚介類から摂取できます。ミネラル分は頭皮の肌バリアや髪の毛をつくるための補助成分ですので大切です。

 

タンパク質

 

タンパク質は髪の毛や肌の主成分です。髪は主にケラチンたんぱく質からできています。タンパク質とミネラルやビタミン、アミノ酸が結合しケラチンたんぱく質となります。

 

これら以外にも必須栄養素はたくさんありますがすべてを食べ物からとるのは大変なのでサプリメントや女性用育毛剤を使って頭皮ケアをしましょう。