女性薄毛

間違った頭皮ケアが薄毛の原因に!

髪の毛のケアが間違っている、過剰にケアしていることが薄毛の原因となることがあります。

 

普段髪の毛のお手入れをしない女性はいないと思いますが、わりと間違ったことをしている人が多くいるのも事実です。

 

だれも自分のお手入れ方法が間違っているとは思っていないはず。

 

でもある日自分で髪が薄いことに気付いた時には手遅れになっている可能性があります。

 

頭皮ケアやヘアケアが間違っている例

 

1 シャンプーを一日に複数回してしまう

 

毎日複数回シャンプーをしてしまうことで薄毛になる可能性を高めます。

 

なぜならばシャンプー剤には洗浄成分が含まれており頭皮に必要量の皮脂を過剰にとってしまいます。

 

特に複数回シャンプーする夏の暑い季節は注意してほしいのですが、過剰に皮脂をとられると頭皮は皮脂が十分でないと勘違いしてしまい余計に皮脂を分泌してしまいます。

 

過剰に分泌した皮脂は頭皮の酸化を促進し頭皮がダメージ、抜け毛を発症してしまいます。また皮脂汚れの原因ともなってしまいます。

 

2 トリートメントを地肌までつけてしまっている

 

トリートメントは通常髪の毛につけるもの。これを地肌につけてしまう人も多くいます。

 

トリートメントにはシリコンなどが多くつかわれているため皮膚を多いかぶせてしまい皮膚呼吸の妨げとなってしまうこともあります。

 

またシリコンが毛穴汚れの原因になり地肌を刺激し薄毛の原因となってしまいます。

 

3 シャンプーの洗浄成分があっていない

 

特に敏感肌や乾燥肌のかたに気を付けてほしいのがシャンプーに含まれる成分。

 

洗浄成分は刺激の強いものが多く含まれます。

 

特に市販のものは石油系の洗浄成分が使用されており敏感肌の方や乾燥肌にはとても刺激性が強く、それがもとで薄毛をhっ称してしまうことがあります。

 

4 毎日同じ個所から分けている

 

頭皮ケアから少し離れてしまいますが毎日同じ個所から分けているとその地肌は常に外の外気に触れています。

 

そこだけ雑菌などの影響や紫外線の影響を受けることが考えられます。

 

5 毎日結わいている

 

毎日結わくことで髪の毛が常に引っ張られ毛根がダメージしてしまいます。

 

これは牽引性脱毛症の原因となってしまいます。

 

まとめ

 

髪の毛は洗いすぎても洗わな過ぎてもダメです。一番良いのは2日に一回のシャンプーが理想的。

 

でも夏場などにおいやベタつきが気になると思うのでそういったときはシャンプー剤を使わずに洗ってみるのも一つの手です。

 

特に薄毛を発症している方はこのような対策も有効です。