女性薄毛

ストレスが女性の薄毛の原因に!

ストレスは自律神経に影響し女性ホルモンの分泌に悪影響を与えてしまいます。

 

女性ホルモンの中のエストロゲンは女性の髪の毛と密接に関係するためそれが減ってしまうことで髪がやせ細り薄毛を発症しやすくなります。

 

特に現代はストレス社会といわれるようにストレスがない人なんていないくらいです。

 

それが過剰になってしまうと精神的にも参ってしまいます。

 

そして最近では比較的若い20代で更年期障害に発症してしまうということも聞いています。

 

それも過度のストレスがかかわっており、若年性更年期障害ともいわれます。更年期障害は抜け毛の症状もあります。

 

またストレスによって発症する薄毛には若年性脱毛症というものもありこれもストレスが影響しています。

 

それではちょっとストレスについて勉強してみましょう。

 

ストレスの様々な原因

 

薄毛の原因となるストレスは自分自身で知っておかなければいけません。

 

原因をしることが解決につながりますのでしっかり覚えておくとよいでしょう。

 

ストレスには環境によるものと自分自身が発するものに分けられます。

 

1 心理的ストレス

 

心理的ストレスとは自分自身の不安などからくるストレスです。

 

例えば将来が不安、他人にどう思われているのか?など自己感情から生まれるものです。

 

2 社会的ストレス

 

仕事や学校など人付き合いなどでストレスを感じることが多くあります。

 

現代人のストレスは主にこのストレスが大きいのではないでしょうか。

 

3 科学的、生物的ストレス

 

周りに喫煙者がいたり、アレルギーで肌が異常にかゆかったりと目に見えない科学物質や花粉などの生物的な症状でストレスを感じてしまいます。

 

このストレスは集中力を乱しまた夜寝れなかったりもする深刻なものです。

 

4 環境的ストレス

 

暑さや寒さといった気温の変化、また事故やケガなどによる身体的なものも環境的なストレスになります。

 

特に暑いときイライラする人は多いのではないでしょうか?

 

まとめ

 

普段意識しないストレスが結構あったとおもうのですが人はいろいろなところで小さなストレスから大きなストレスまでを常に感じている状態です。

 

普段ストレスを感じないという人も稀にいますが、実はチョトづつストレスは蓄積されておりいつの間にか爆発してしまうことも。

 

ストレスを感じないといっている人ほど体に影響が出やすいので自分を見直す時間も必要です。

 

そしてストレスは運動など健康的な方法で発散したり、気の合うお友達などに相談することも大切です。