女性薄毛

女性の薄毛の原因出産による女性ホルモンの低下

女性の薄毛の原因に妊娠中や産後があります。

 

この中でも特に産後は女性ホルモンが急激に減少してしまうため髪の毛が抜けてしまう確率が高くなります。

 

一方妊娠中の抜け毛はとても稀です。

 

なぜならば妊娠中は女性の髪や肌と直接影響する女性ホルモンプロゲステロンやエストロゲンの分泌量が多くなっているからです。

 

しかし産後は特にエストロゲンンの減少によって薄毛を発症してしまいます。

 

出産経験者の5割ものひとが産後の抜け毛を体験するといわれるほど確率的に高い女性の薄毛の症状です。

 

産後の抜け毛、薄毛を産後脱毛症または分娩後脱毛症と呼びます。

 

しかしこの産後の抜け毛はずっと続くのではなく大体平均すると1年程度ではほとんどの方がもとに戻っていきます。

 

ただし気を付けたいのが髪が抜けている間の頭皮ケアをするかしないかで髪が新たに生えそろったときに元の髪質にもどるかどうかということです。

 

抜け毛を発症している最中の頭皮ケアはとても大切

 

抜け毛を発症している間の頭皮ケアはとても大切です。

 

女性ホルモンであるエストロゲンが減少しているということは自律神経も乱れやすく、育児によるストレスの影響をダイレクトに受けてしまいます。

 

また自律神経が乱れることで血行不良になったり、成長ホルモンや甲状腺刺激ホルモンなど髪の毛に影響する他ホルモンの分泌までも妨げてしまいます。

 

そしてなによりも髪の毛や頭皮が栄養不足に陥りやすいため髪の毛が抜けているときほど頭皮ケアはとても大切なものになってくるのです。

 

この時期に育毛剤やサプリメント、また生活習慣、運動、睡眠などを意識的に見直し改善するようにしましょう。

 

それを怠ってしまえば髪は生え戻っても元の髪質ではなくくせ毛になったりやせた髪質になってしまうこともあります。

 

高齢出産について

 

高齢出産をなさった方は女性ホルモンの戻りが遅かったり、十分に戻らない可能性があります。

 

そうなると産後脱毛症からびまん性脱毛症に移行してしまう恐れがあるためこのことにも気を使わなければいけません。

 

髪の戻りが遅れることで不安になりストレスの原因になってしまいます。そうするとよけい悪循環になり髪の毛がもとに戻りにくくなってしまいます。

 

できるならば女性ホルモンの代用となるイソフラボンなどを積極的に摂ったり育毛剤から頭皮へ直接吸収することが頭皮ケアには向いています。

 

まとめ

 

産後の抜け毛、薄毛はまずはお医者さんで相談をしたほうが良いです。

 

それで育毛剤の使用許可をもらっても良いですし、病院に治療する術があるのならばそちらに頼っても良いでしょう。

 

まずは頭皮ケアを率先的に行うことが大切です。

 

そして産後脱毛症に悩むなら女性用育毛剤の治療効果も期待できます。女性用育毛剤を使った体験談はこちらから産後の育毛剤体験談口コミまとめ