女性薄毛

女性の薄毛と季節の関係

夏のダメージは秋口に多く頭皮に現れます。女性の薄毛はこういった季節にも影響されてしまいます。

 

夏は季節の中でも食欲が低下したり、紫外線が強烈だったりで過酷な季節です。

 

その時のつけが秋になって表れるということです。

 

それでは夏の抜け毛、薄毛の原因を見ていきましょう。

 

夏の抜け毛、薄毛の原因

 

食欲低下

 

夏に食欲旺盛という人も稀だとは思いますが、暑い時期は食欲が低下気味になってしまいます。

 

また食べるとしてもサッパリしたものが多く栄養も偏りがちに。

 

もし自分が食事の内容が偏っていると思われた方はバランスの良い食事を摂るようにしましょう。

 

髪の毛に良い栄養素はタンパク質、ミネラル、ビタミン、カルシウムなどです。

 

これらをバランスよく摂り足りないものはサプリメントなどを活用しても良いです。

 

紫外線

 

紫外線の中には有害な光線が透過してしまうものもあります。

 

可視光線と呼びますがそれが頭部のメラノサイトを刺激し酸化を促してしまいます。

 

いわゆる日焼けもこの現象によって起きるのですが、これは地肌の老化を早めてしまいます。

 

対策としては帽子や日傘が効果的です。

 

冷房

 

熱い外から涼しい冷房の利いた部屋に入ると気持ちの良いものですが、頭皮にとっては悪影響です。

 

暑いところにいるときは汗をかきます。汗をかいた状態で冷房に当たると急激に汗が乾燥し頭皮のダメージとなってしまいます。

 

つまり保湿成分も一緒に気化してしまうため頭皮が乾燥した状態になります。

 

そして汗の塩分が頭皮にのこり毛根を刺激し抜け毛の原因となってしまいます。

 

外から涼しいところへ入るときはタオルやハンカチで一度頭部を軽く拭くとよいでしょう。

 

運動不足

 

夏は意外に運動不足に陥りがちです。

 

少し歩いただけでも汗をかくため運動したつもりになってしまいますが、実は全く運動量は足りていません。

 

ですから涼しくなった夕方や夜にウォーキングやジョギングをお勧めします。

 

運動不足は寝ているときの成長ホルモンの分泌を低下させたり、女性ホルモンの分泌や新陳代謝を低下させてしまいます。

 

他にも注意しておきたい季節

 

夏のほかにも春に気を付けたほうが良いでしょう。

 

この時期はアレルギー症状を発症することも多くまた、精神的にも不安定になりやすいです。

 

そうすると自律神経も乱れやすいので要注意。

 

まとめ

 

このようにとくには夏のダメージが季節的要因として薄毛を発症してしまう原因となってしまいますが、春など体調変化のある季節にも気を付けていきたいですね。