女性薄毛

加齢による女性の薄毛

女性は必ず40代を境に女性ホルモンの分泌が減ってきます。

 

ちょうどそのころから髪の毛に変化が見え始めます。最初は髪が細くなりボリュームがなくなってきます。

 

そのあと頭部が均等に薄くなり始めます。この症状をびまん性脱毛症といいます。

 

女性の髪は女性ホルモンであるエストロゲンと関わりあうため女性ホルモン自体が減少するということは髪の毛にも影響するということです。

 

また体的には更年期障害を発症する方もいます。

 

そして女性ホルモンが減少することで女性のもつ男性ホルモンとの優位差も縮まり女性も男性のような薄毛を発症することがあります。

 

それを女性性男性型脱毛症FAGAと呼びます。

 

この両方の症状はどちらを発症するのかは人それぞれなのでなってみないとわからないということが言えます。

 

加齢による女性の脱毛症

 

びまん性脱毛症とは

 

びまん性脱毛症とは女性ホルモンの減少によって発症します。

 

全体的に髪が薄くなりスカスカな状態に。でも男性の薄毛とは違うので局所的にまったくなくなってしまうということはありません。

 

女性性男性型脱毛症とは

 

女性性男性型脱毛症とは女性ホルモンが減ることで女性のもつ男性ホルモンとの優位差がなくなってしまい女性も男性のような薄毛を発症してしまうことを言います。

 

しかしこの場合女性ホルモンと男性ホルモンの優位差が全くなくなるということはあまり考えられないのできわめて稀な症状です。

 

ですが歳が高齢になるほどこの症状に移行している人は多くいます。

 

その時の目安となるのが声です。高齢の方ほど男性のような図太い声になる方もいます。

 

そん場合この脱毛症を発症する恐れがあります。

 

まとめ

 

女性ホルモンは20代が最もピークです。

 

そして停滞期がありその後はどんどん減っていきます。

 

つまりそれを防ぐには女性ホルモンを補給することが一番望ましいのですが、育毛剤にはその女性ホルモンのエストロゲンと似た作用のある成分イソフラボンを含んだものがあります。

 

それらを使い髪の毛に直接塗布していくことで薄毛を予防したり改善することが期待できます。

 

またこのころから更年期障害のリスクも高まるため体調に変化が見えたら婦人科で一度見てもらうのも良いでしょう。

 

その場合女性ホルモン投与療法などがあります。